ささなければ殺された、と元次官 家庭内暴力で追い込まれたか

 長男刺殺容疑で送検された元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が「(長男を)刺さなければ、自分が殺されていた」と供述していることが4日、
捜査関係者への取材で分かった。長男の無職英一郎さん(44)から家庭内暴力を受けていたといい、精神的に追い込まれていた可能性があり、警視庁が経緯を
調べている。

 捜査関係者によると、熊沢容疑者は、英一郎さんが中学2年のころから暴力を振るうようになったと供述。その後、東京都練馬区の容疑者宅とは
別の場所で生活し、容疑者が時折様子を見に行っていた時期もあった。英一郎さんの希望で今年5月下旬から再び同居していた。

共同通信

引用元:2NN

    関連記事一覧

    • コメント ( 0 )

    • トラックバックは利用できません。

    1. この記事へのコメントはありません。