NHKチーフ・プロデューサー(阿部博史容疑者 41歳) 路上わいせつ行為で逮捕 ネット「NHK職員から女性を守る党を作れ」「性犯罪の温床

路上で女性押し倒し体触る 容疑のNHKチーフプロデューサー逮捕

路上で女性を押し倒して体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、警視庁練馬署は17日、強制わいせつ容疑で、NHK大型企画開発センターのチーフプロデューサー、阿部博史容疑者(41)=東京都町田市=を逮捕した。「記憶がないので分からない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は2月23日午前1時半ごろ、練馬区内の歩道上で、都内に住む40代女性の肩をつかんで押し倒し、体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。女性にけがはなかった。

 同署によると、女性が帰宅後に110番通報して被害が発覚。阿部容疑者は女性と面識がなかったとみられ、飲酒の有無など当時の状況を詳しく調べる。

 阿部容疑者は平成16年にNHKに入局。東日本大震災をテーマとした特集などを担当し、ビッグデータを扱う報道システムを開発した。NHK広報局は「職員が逮捕されたことは遺憾。事実関係を確認し、捜査に協力していく」とのコメントを出した。

※関連ツイート

【NHKチーフプロデューサー逮捕】今年2月、東京・練馬区の路上で女性に対してわいせつな行為をした疑いで、NHKの放送総局・大型企画開発センターのチーフプロデューサー、阿部博史容疑者(41)が強制わいせつの疑いで逮捕。「記憶がない」と容疑を否認。
安定のNHK。 pic.twitter.com/AdK3ekZEYT

— Mi2 (@YES777777777) 2019年6月17日

(略)
(5ch newer account)

引用元:2NN