逃走10日、韓国籍の男「逃げるのに疲れた…出頭したい」

 東京警察病院(東京都中野区)から窃盗事件の容疑者が逃走した事件で、警視庁は27日、公開手配して行方を追っていた韓国籍で住所職業不詳、金●基容疑者(64)の身柄を東京都新宿区内で確保し、窃盗と建造物侵入容疑で逮捕した。警視庁は、10日にわたる逃走中の足取りを調べている。(●は「さんずい」に「元」)

 発表によると、金容疑者は13日午後2時20分頃、中野区本町のすし店に無施錠の出入り口から侵入し、レジから現金8万円を盗んだ疑い。容疑を認めている。

 中野署に窃盗容疑で現行犯逮捕されたが、逃走時に階段から転落して肋骨(ろっこつ)などを折ったため、一時釈放されて入院。18日朝、トイレに行った際に警察官の目を盗んで病院から逃走した。

 27日午前9時頃、公衆電話から中野署に「逃げるのに疲れたので出頭したい」と電話をかけ、同11時頃、新宿区下落合のバス停で捜査員に身柄確保された。

 金容疑者は病院から逃走後、バスを乗り継いで練馬区へ向かった後、タクシーなどで川崎市に移動し、カプセルホテルに宿泊。翌19日には電車で名古屋に行った。20日に名古屋市で起きた窃盗事件では、防犯カメラに特徴の似た男が映っていた。その後、関西方面にも逃げていたとみられ、警視庁が足取りを調べている。

引用元:BIGLOBEニュース